Park side CAFE RIAN

caferian.exblog.jp

駆け出し麺点師のカフェ経営

ブログトップ

「ふっかつ」料理

b0137064_22012803.jpg

お久しぶりです! カフェ リアン、この度21日で7周年を

迎えようとしています!!

それまでに身体を治して、万全の状態で復活する予定でしたが…

手術して2カ月、痛みも穏やかになりつつも 無理をすると

右の鎖骨の下辺りが腫れ上がり、痛みと共に左右の鎖骨の高さが

段違いになるほど膨れてしまいます

包丁で硬いものを切ったり、麺を伸ばすと症状がでてしまいます…

しかしながら、明日は大事な節目の日!

入院中に考えに考えた復活メニューを作るときが来ました!

Atasha Калашниковаов Мехаский

(アターシャ カラシニコワノフ メチャスキー)

通称 ニコワノフ丼 です!!

「ふっかつ」メニューを考えた時、まず思いついたのが

マクロビオティックでよく見かける「麩カツ」でした

スイマセン…またダジャレです(´Д`)

そのままパン粉で揚げたカツをお出ししてもつまらないし

料理人としてクックパッドの域を出てないので、ハワイ料理にある

「もちこチキン」のように上新粉で揚げることにしました!

更に桜餅で有名な道明寺粉を使うのはどうだろう?(写真)

と、思い試したのですが、もち米が揚がる前に麩のスープが

溢れてしまいなかなかうまく揚がりません…これは却下します

ロシアっぽい名前を付けたのにロシア要素がないので

キャベツのマスタード和えと豚肉の煮込みを加えて、

新潟名物「車麩」を煮汁で戻し、揚げています

彩りのブロッコリーと紅生姜を添えて…

もみ海苔を散らせば……(!o!)オオ! ペレストロイカ!!

ゴルバチョフさんもビックリの超変わり丼の出来上がり!

ロシア人も「ワタシ、辛子二個輪の麩、メッチャ好きデス!」

と、
b0137064_16574039.jpg
絶賛するに違いありません!

ぜひ、この機会にご賞味ください!!

21日(土)と、22日(日)にそれぞれ10人前ずつ仕込みます

もし好評なら定番化も考えていこうと思います

かなりボリュームのある丼なので、少食の方はシェアして

食べていただくのも良いかと思います

気になるお値段は、車麩と角煮、上新粉、仕込み時間を考えると

1500円位になるかと計算しました

少々お高いですが、ご協力お願いします<(_ _)>

これからも更に味の改革を進め、担々麺に並ぶ料理にしていきたい

と思いますので、皆様の御意見もお聞かせください

それでは、2日間 よろしくお願いいたします!(^^)



マスターより




by ParksideCafeRIAN | 2015-03-20 22:41 | 料理紹介